北澤篤史の【1月~3月はチョコレートが買い時】

北澤篤史です。

チョコレートは1粒口に含むと、とても幸せな気持ちになれる、幸せを運ぶスイーツとも言えます。そんなチョコレートはコンビニやスーパーなどで手軽に買えるものから、特別なものまで種類多くありますが、ちょっと高いけど、極上のチョコレートを食べたい!と思ったら、買い時は1月~3月。そう、バレンタインデーとホワイトデーの時期。この時期は、年に1度のイベントのために、いろんな国のチョコレートや、この時だけの期間限定のチョコレートなどが集結します。

1.販売場所
販売場所は、大手有名デパート。モール内でも販売されますが、圧倒的に品数が違う。そして、ショコラの祭典というだけあって、見た目も豪華、華やかなチョコレートが所せましと並べられ、店舗も出店します。自分ご褒美として購入していく女性も多く、近年では男性も自分ご褒美で購入していくそう。時代は変わりましたね。スイーツ男子という言葉がありますが、ストレス社会の中で働く男性たちも、特別なチョコレートでホッと心休めるひとときを楽しみたいのでしょう。至福の時ですからね。数量も限定なので、こういったチョコレートフェアが始まったらすぐ行きましょう。もちろん人混みに揉まれますが、自分の欲しいと思うものが購入できます。

2.どんなチョコレートがあるのか
デザインチョコレートを始め、本当にスイーツというようなガトーショコラなどのケーキ類、和風なチョコレートもあります。用途に合わせて選ぶと良いですね。基本的にはこういったデパートで販売されるチョコレートは高級で特別なので、1箱千円前後は当たり前。その中に4粒しかなくても、それだけの価値があるチョコレートなんです。だからこそ、並んででもみなさん買うんですね。もちろん、あの有名なゴディバも種類多く販売されますよ。通常でもゴディバは購入できるチョコレートですが、空港の免税店でしか買えないものもありますし、今年限りのこの時期のという商品が販売されますので、そういうのが楽しみですね。

チョコレートは、チョコレートそのものを楽しむのはもちろんなんですが、それが詰め込まれている缶や瓶なども、お洒落で可愛らしいものがたくさんあり、それをコレクションしている人もいます。特に、海外チョコレートでは、ユニークなものも多く、味も魅力ですが入れ物自体も魅力なんです。また、チョコレート100%ではなく、ポテトチップスなどにチョコがかけてあるものなど、アレンジしたものも人気。ロイズは有名ですよね。普段買う事が出来ない魅力的なチョコレートを是非、毎年楽しんでみてください。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です