鯖の塩焼き、いなり寿司、ブロッコリーとハムとタマゴのサラダ定食の作り方

北澤篤史です。

今日の夕食は、鯖の塩焼き、いなり寿司、ブロッコリーとハムとタマゴのサラダ、もずくとお味噌汁です。
鯖は塩をふり魚焼きグリルで焼き、いなり寿司は市販のお揚げに寿司飯を詰めました。
サラダは、茹でたタマゴとブロッコリー、それからハムをマヨネーズで和えました。味を引きしめるためにほんの少しだけ塩と胡椒も入れています。お味噌汁はじゃがいもとエノキとわかめ入りです。

いつもは、いなり寿司を作るときに寿司飯に白ゴマや高野豆腐と人参の炊いたものを微塵切りにして混ぜたりもするのですが、今日は時間が無くてシンプルに寿司飯だけにしました。それでも久しぶりにお寿司を食べたのでとても美味しかったです。いなり寿司用のお揚げがあまり手に入らないのと、自分で炊くとたくさん作りすぎて余ってしまうことが多いので、今回は市販の「いなり寿司用味付きのお揚げ」を買ってみたのですが、一度に使いきれる量ずつ小分けになっていて便利でした。大袋に2回分はいっていたので、近々もう一度いなり寿司ができそうです。

マヨネーズのサラダは子供達の大好物です。こうするとタマゴやハムが少な目でもブロッコリーがたくさん食べられます。しかも、芯の部分まで全て無駄無く食べられるので子供だけでなく私もお気に入りのレシピです。今回はブロッコリー丸一株に対してタマゴが2つとハムは一枚だけしか使っていません。余ったらお弁当に入れようと思って多めに作ったのですが、子供達がたくさんおかわりしたので全部無くなってしまいました。個人的にはブロッコリーはあまり柔らかく茹で過ぎない方がおいしいように思います。

最後にお味噌汁ですが、私はいつもだしじゃこで取った出汁をベースに、冷蔵庫のあまり野菜を使って作っています。今日はエノキが余っていたのでエノキを使いましたが、だしがでて香りもよいお味噌汁になりました。全体的に野菜が少な目の献立だったので他にも具を2種類足してみました。
しばらく、洋食の日が続いていたので和食がとても美味しく思いました。子供達が好きな物と大人が好きな物のバランスがよいメニューができてよかったです。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です