北澤篤史の【賃貸と持ち家はどっちがいいのか?】

北澤篤史

北澤篤史です。

人生のテーマとも言える、賃貸と持ち家はどっちがいいのか?先の事を考えると持ち家の方がいいのでは?賃貸の方がすぐ引っ越せるからいいのでは?など家庭によって考えは様々です。今回はそんな賃貸と持ち家についてまとめてみました。

【スポンサードリンク】

1.賃貸の特徴

賃貸は、賃貸や管理費など、住んでいる限りは払い続けなければいけません。しかし、その建物や土地にかかる税金などは払う義務はない。自分の所有物ではないからです。が故に、設備や外観などに故障や不具合があっても自分で勝手に直す事はできない。そして長年が経過し、世代交代があった際に、引き続き住み続けれるかも不安定であり、その場所も所有者が手離す、建て替えなどする事になった際に、引っ越しを余儀なくされるリスクもあります。

2.持ち家マンションの特徴

持ち家でもマンションの場合は賃貸に似た部分があり、マンションは専有部分のみが所有物となる。つまり、マンション全体は所有物にはならず、その全体にかかる修繕や管理については毎月費用が発生。更に駐車場も所有物ではないので賃料が発生。部屋などは勝手に直す事は可能ですが、マンション本体に関しては個人ではできません。外壁やバルコニーの劣化が気になっても自分ではできないのはちょっと困る時もありますね。

【スポンサードリンク】

3.持ち家戸建ての特徴

土地も建物も所有物となるので、賃料のような費用はかかりませんが、全て自費となります。賃貸であれば、家主が自費で直す事がほとんどですが、持ち家戸建ての場合は家主は自分。全て自分の支払いです。そして、土地と建物には税金がかかるので、毎年支払う義務があります。この税金は持ち家マンションも同じように支払いの義務が生じます。

それぞれの特徴を見比べると、賃貸の方がやはり不安定で、次に持ち家マンションがやや不安定、持ち家戸建てが最も安定感を感じますが、持ち家はマンションも戸建ても、ご近所トラブルがあっても、簡単には引っ越せないというのもあります。そういった点で賃貸は気軽さはありますね。いずれにしても、一生無料というものはない中で、必要不可欠な住まいは、常に選択肢が出されていて、悩まれている人も多いと思いますが、将来的な収支まで見越して考える事がオススメで、一概に持ち家の方が良い!賃貸の方が良い!という事は断言できず、人それぞれの生活の流れなどもあるので、それに無理なく合わせるという事が大切な事で、長く快適に暮らせるポイントだと思います。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です