面積で考えずに空間の大きさを意識して

北澤篤史

管理人の北澤篤史です。

北澤篤史

家の間取りを考えるとき、リビングはなんじょうで、なんじょうの個室がいくつあって、、、と足し算をしていくと、小さな家の場合、どうしても床面積が足りないと感じてしまいます。

でも、広さの感覚というのは、床面積だけではなく、縦の空間の広がりにも左右されるものです。

長い時間を過ごすリビングのソファの上が吹き抜けになっていると、そこで過ごしている間はのびのびとした開放感を感じることができます。

個室の床面積を多少削ることになっても、リビングに吹き抜けをもうけるプランが多いのは、そのためです。

プランニングの際には、床面積だけに注目するのではなく、空間の大きさを意識してください。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です