北澤篤史の【シルバーアクセサリーのお手入れ】

北澤篤史です。

シルバーアクセサリーはシンプルで、いろんなコーディネイトに合わせられて重宝します。でも、欠点としては、色の変色。汗や汚れがつくとすぐ変色して濁った色になってしまう。そんなシルバーアクセサリーのお手入れについて今回はまとめてみました。

1.シルバーキープ
シルバーキープは、液体にシルバーアクセサリーを付けるだけで、本来のシルバーの輝きがよみがえる優れもの。液に付けている時はちょっと硫黄のようなニオイもしますが、これは汚れなどを落としている証拠。あまり長く付け置きするのはいけませんし、素手で触るのも駄目ですので、付属のピンセットでアクセサリーをつまんで、液体の中ですすぐか、数秒付け置き。そして取り出してお水でよく洗い流す。そのあとは、キッチンペーパーなどで水気をしっかり取ってお手入れ完了です。宝石屋やアクセサリーショップなどで購入可能です。但し、シルバー自体の純度が高めのものにしか使わない方がおすすめ。メッキのようなものは避けた方が良いでしょう。

2.布製キープ
フエルトのような布なんですが、これでシルバーアクセサリーを拭くと、みるみるピカピカになる。そして、拭き取った後、布を見てみると、真っ黒になっているのがわかります。これは急いでいる時などに役立ちますね。ササッとお手入れができるのでおすすめです。但し、ネックッルのようなチェーンや、指輪などでデザインがデコボコ細かい細工があるもの、石台などひっかかりがあるものは、汚れが奥深くまでは取れにくいかもしれません。あくまでも表面や広い面積の部分のみといったイメージです。

3.家にある材料でもお手入れが可能
アルミホイルと塩とお湯で簡単にできちゃうんです。アルミホイルをお湯が溜めれるくらいの大きさにカット。そして器を作る。簡単にお湯が漏れないような器の形でかまいません。そこに、塩を少量入れる。塩は粗塩。味塩とかのほかの成分が混ざっている調味塩は駄目です。そして、そこに熱湯を注ぎいれる。熱くなるので鍋敷きなどにその器を乗せて熱湯を注ぐと良いですね。100℃は熱すぎるので、ポットなどに保温されているお湯で充分です。敢えて沸かす必要はありません。そしえ、その中にシルバーアクセサリーを投入。すると、汚れが落ちるのはもちろん、輝きも出てきます。しばらくしたら、取り出してお水ですすぎ、キッチンペーパーなどで水気を取る。シルバーキープ同様の効果があるので、シルバーの純度も気を付けてください。できないものもあります。

シルバーアクセサリーはお手入れが面倒ですが、本来のシルバーの色合いはとても綺麗です。こまめにお手入れして輝きを楽しみましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です