小さい家のメリット

北澤篤史

北澤篤史(きたざわあつし)です。

小さな家は床面積にゆとりがないので、敷地によっては採光や通風を取り込みにくかったりプライバシーの問題があったりととかくマイナス面ばかりに目がいきがちです。

でも、デメリットがある一方で、メリットもたくさんあります。

たとえば、面積に限りがある分、動線や間取りを工夫することになるので、結果、無駄な動きの少ない空間になり、家事も効率よくこなせます。

中庭やインナーテラスなど内部に開口をとるプランでは、プライバシーが守られたゆっくりくつろげる空間が生まれます。

また、あれもこれもプランに盛り込むことが難しいので、逆にコンセプトが決まりやすいといった面も。

小さいことのメリットをどれだけ生かすかが、家づくりを成功させるカギになります。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です