北澤篤史の歯みがき事情

北澤篤史です。

子供って歯みがきをイヤがることが多くないですか?我が家も、歯がはえてきた時は、すごく乗り気で歯みがきしてもらえていました。最初はママを見ながら「ごしごし」と言いながらニコニコしながらやっていたのに、2歳になるとイヤイヤ期に入ったためか仕上げ磨きをいやがり、そして歯みがきすらイヤがるように。日々、格闘しながら、なだめすかしながらやっています。
なんとかして歯みがきをやってもらえるように努力しています。

【スポンサードリンク】

使い捨てで結構!歯ブラシは安いものを大量買い!

スクリーンショット 2016-06-25 18.21.35

画像出典:オリジナル

歯ブラシ、最初はベビー用品店で高いものを買っていました。1本300円くらいだったかなと思います。子供が持つものとママが仕上げみがきをするもので、合計2本必要なのだと思っていて、子どもが持つものは小さいサイズ、ママは仕上げみがき用で買っていました。ただ、歯ブラシって子供はすぐ噛んでダメにするんです。1週間も持たないくらい。これではもったいないです。
ちょっとイライラして「歯ブラシを噛まない!」と、都度、注意していたのですが、ある時、安い商品を使うことに決めました。アカチャンホンポの歯ブラシは仕上げ磨き用ですが、1本50円。安い!安いものを使ってもらって、噛んでしまったら「すぐ次!」にする。こうすることでイライラしないことに決めました。50円なら毛先が広がったら次に買いかえしやすいですよね。 

【スポンサードリンク】

こうすることで子供が歯みがき好きに?大人も使ってます!

スクリーンショット 2016-06-25 18.21.51
画像出典:オリジナル

子供が歯みがき好きになってもらうために工夫していることは、歯磨き粉を数種類買っておくこと。今は、メロン味、グレープ味、マスカット味の3種類があります。日替わりで「今日は何にする?」と聞いて、好きな味にしてもらっています。
きっかけは、コストコで子供用歯みがき粉がたくさんセットになって売っていたこと。確か、6本で2本×3種類だったかなと思います。それを見て、子どもが「欲しい!!」と言ったんですね。6本は絶対無理、口の中に入れるもの、そんなに大量消費しないし、とコストコでは買わなかったのですが、子どもにとって、「日替わりで味の違う歯磨き粉を使えることは「夢」なんだ!」と発見したわけです。そこで、今は3種類を用意しています。
この歯磨き粉、ママも時々、ちょっと貸してもらってメロン味のものを使ったりしていますが、味がついていると長時間磨くことができますね。デメリットは、子どもが口の中に入れて磨くのではなくて舐めていることが多い点ですが・・・(特に2歳児の男の子は、確実に磨いていません。舐めてます)。
3種類あると、歯みがきしようと声をかけても、自主的に磨くと言ってくれることが多くなってきました。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です