北澤篤史が活用するアンパンマンの知育絵本!子供の記憶力っていいのかも?

スクリーンショット 2016-06-03 16.33.17

ブログ管理人の北澤篤史(きたざわあつし)です。今日も徒然日記を書いていきます。

2歳の男の子は、アンパンマンが大好き。アンパンマンは「パ」でバイキンマンは「バ」。しょくぱんまんは「パ」で、親からすると誰が誰だか区別が全くつかないのが大変なのですが、1週間に1度のアンパンマンのアニメを見せるとにっこり。歌に合わせて足踏みしたりもします。
本屋さんでもアンパンマン本を見つけると、「パ!パ!」とかけよっていき、コーナーから離れません。
アンパンマンの絵本でママも気に入っているのが、「アンパンマンあてっこ知育えほん」です。この絵本は、アンパンマンと一緒に知育もできる楽しい絵本です。

【スポンサードリンク】

アンパンマンの知育絵本の内容公開!こんな感じで遊べる!

スクリーンショット 2016-06-03 16.33.29
画像出典:オリジナル
例えば、ページを開くと、アンパンマンがメロンパンナちゃんを探しています。しかけ絵本で、4つの雲の中に隠れています。「メロンパンナちゃんはど~こだ?」とあり、どこにいるか探せますよ。最初はどこか、一緒に1つずつめくって探します。どこかな、どこかな……?右から2番目かな?

スクリーンショット 2016-06-03 16.33.41
(画像出典:オリジナル)

あけてみたら、左から2番目でした!一番左はひこうきが隠れてました。こうやって遊びます。1回目は理解していないのですが、アンパンマンが大好きな娘、息子は、毎日のようにしてこの絵本で遊びます。そして、キャラクターが隠れている位置をすぐに覚えてしまうんですね。娘なんて「メロンパンナちゃんはここー!」と、何度もやっているうちに、左から2番目をきちんと指さします。それが早い!!

他のページには、バイキンマンやドキンちゃんが隠れています。洗濯物の裏などに隠れていたりするアンパンマンキャラクター。その位置もしっかり覚えていて、子供の記憶力ってすごいのかもしれないと親が驚きます。普通の知育絵本じゃなく、アンパンマンが大好きだからこそ、かくれんぼをしている感覚で「ここにいるんだよ」と教えてくれます。

【スポンサードリンク】

シリーズが増えることを希望!クイズみたいで楽しい!

スクリーンショット 2016-06-03 16.33.50
(画像出典:オリジナル)

最後はクリームパンダやカレーパンマン、しょくぱんまんなどがいて、丸くあいた穴からアンパンマンの位置をあてっこするゲーム。2歳の男の子は、まだ言葉もしゃべることができませんが、にっこりしながら嬉しそうにアンパンマン絵本を持ってきます。本屋さんには4冊のシリーズがあって、価格は842円。これまでに、おさんぽ、のりものを購入しました。できれば、同じような本のシリーズが出るといいなと思っているママ。他のシリーズが発売されたら買っちゃいそうです。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です