北澤篤史の【夏と言えばアイスクリーム】

北澤篤史

北澤篤史です。

夏になると、無性に食べたくなるのがアイスクリーム。冬でもたまに食べる事も有りますが、断然夏場の方が食べる事が多くなりますよね。ロングセラーのものから、新商品までアイスクリームの種類は豊富です。今回はそんなアイスクリームに注目してみました。

1.誰もが知るアイス
昔から誰でも知っているアイスと言えば・・・ガリガリ君。値上がりする事で話題になりましたが、値上がりしたってガリガリ君ファンは離れたりしません。あの味が好きで食べてるんですから。ソーダ味が定番ですが、毎回色々な味を出して楽しませてくれますが、変わりダネ過ぎて、リピートにならない商品もあります。でも、ガリガリ君の魅力ってそういったユニークなところにもあるんですよね。買う側がよく食べた後にSNSなどで、評価もしています。あずきバーもご存じの定番アイスですが、ゴールドあずきバーなるものも販売され、味が濃厚。パッケージも豪華で従来のあずきバーとちょっと違いますね。あの硬さは同じですが、それでも年配者に愛されるロングセラー商品。上品なあずきの味わいとサッパリ感が魅力ですね。

2.高級なアイス
ちょっと自分ご褒美など、特別な日に味わいたいハーゲンダッツ。期間限定商品も結構出してくれて楽しませてくれますね。濃厚な味わいで、高級感を感じる。カップは小さめでも、満足できます。ハーゲンダッツは少し溶けはじめた頃に食べるのが、食べごろ。口の中でとろけますね。そんな濃厚な味を1番楽しめるのは定番のバニラ。期間限定のバニラでサンドタイプの方がありますが、こちらは、そんな濃厚さとは逆にサッパリした味わい。サンドタイプは、カップほどの種類はありませんが、ちゃんと期間限定シリーズは出されますし、サクサクした薄いウエハースがたまらないですね。

3.ビエネッタなど
アイスは棒タイプとカップタイプとサンドタイプ等に分かれますが、昔、ケーキのように販売されていたビエネッタ。パリパリしたチョコレートがたまらなくあとを引くこの商品がカップで販売されるようになりました。また、チョコパイがそのままアイスになったり、板チョコそのものがアイスになったり。アイスもどんどん変わってきますね。ローソンでは、スイーツでお馴染みのプレミアムロールがアイスになって登場。みんなが「これがアイスになったら美味しいのに」をうまく形にしてくれていますよね。そして、ちょっとビックリしたのは安納芋アイス。安納芋の見た目だけでなく、本当に安納芋そのもの?!というレベルにビックリ。よく考えられた商品だと思います。

アイスクリームは、ラクトアイスというものは少しサッパリしたアイスで夏にはピッタリです。アイスは無数にあり、次から次に新商品なども出てきます。目新しい商品に出会ったら買いましょう。期間限定商品かもしれませんよ。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です